販売所と取引所の違いは?仮想通貨取扱業者について

スポンサーリンク

販売所と取引所の違いは?仮想通貨取扱業者について

販売所と取引所の違いは?仮想通貨取扱業者について

 

仮想通貨の売買は、交換業を生業としている業者を利用するのが一般的です。こうした仮想通貨交換業者は、取引所あるいは販売所を運営していますが、両方運営しているところもあるのです。

 

 

 

仮想通貨交換業者が運営する取引所は、ある仮想通貨を売りたい顧客と買いたい顧客をマッチングさせるためのプラットフォームを提供しています。そして取引が成立すると、取引手数料を取ります。

 

 

 

実際の取引は、取引所が提供する板を見て行うのが普通です。板は売りの希望者と買いの希望者による売り価格と、買い価格及び数量を表にしたものです。

 

 

 

そして板の売りと買いの境目が、その時の売買価格の目安になります。なお板に注文を出している人のことをメーカーMakerと言うことがあります。

 

 

 

一方で板を見ながら注文を出して売買する人が、テーカーtakerと呼ばれるようです。そして、取引所によってはメーカーとテーカーで取引手数料に差のあることがあります。

 

 

 

販売所は、顧客と業者が相対(あいたい)で取引するところです。業者のサイトの販売所は、業者が提供する仮想通貨の売り価格と買い価格の2つが表示されているのが一般的です。

 

 

 

ここでは、業者側の売り価格の方が買い価格より必ず高くなっています。つまり業者側は高く売って安く買えるようになっていますので、顧客側としては同時に売買すると必ず損をします。

 

販売所と取引所の違いは?仮想通貨取扱業者について

 

その顧客側の損の部分が、業者側の取引手数料相当になっていて、これとは別に取引手数料を取るところは稀です。

 

 

 

取引所のメリットは、取引手数料が安いところでしょう。大体は取引価格の1パーセント以下で、仮想通貨の価格変動率が高いことを考えればあまり負担にならない金額です。

 

 

 

一方でデメリットは、日本の場合多くの取引所に言えることですが、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないところです。それから取引所は、売りたい顧客と買いたい顧客が、価格と数量も合わせてマッチングしないと取引が成立しません。

 

 

 

そのため相場環境や取引所の規模によっては、取引成立まで時間がかかることも珍しくないそうです。販売所のメリットは、アルトコインの取引が多いところでしょう。

 

 

 

また、一般に注文を出してから取引が成立するまでの時間が短いのも良いところです。デメリットは取引コストが高いところで、取引価格の10パーセント以上になることもあります。

 

 

 

取引所と販売所の両方を運営している業者としては、日本最大の取引量を誇るビットフライヤーが代表格です。他方取引所だけのところはビットバンク、販売所だけのところはGMOコインをあげておきます。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!