国内と海外の仮想通貨取引所にはどんな違いがあるのか比較

スポンサーリンク

国内と海外の仮想通貨取引所にはどんな違いがあるのか比較

国内と海外の仮想通貨取引所にはどんな違いがあるのか比較

 

国内の仮想通貨取引所は当局の規制が強まりつつあり、撤退予定のところもいくつかあるようです。一方で海外は国によって規制は様々ですから、日本より自由な運営をしているところを見つけられるでしょう。

 

 

 

日本の金融当局は、ホワイトリストと言う国内で取り扱える仮想通貨のリストを作っています。そして仮想通貨取引所を登録制にして、将来的には登録業者のみが仮想通貨取引所を運営できるようにしたいと考えているようです。

 

 

 

基本的に登録業者は、ホワイトリストに載っている仮想通貨しか扱えないようで、ホワイトリストに外れている仮想通貨を扱っている業者は中々登録の認可が降りないという現象が見られます。

 

 

 

そんなことから、登録業者の取り扱える仮想通貨は種類が少ないです。これが国内の取引所の大きな特徴です。

 

 

 

海外の取引所は、取引所にもよりますが、取り扱っている仮想通貨の種類が多いと言えます。ただし仮想通貨関連は事実上英語が共通語となっていますので、日本語に対応しているかどうかは取引所の考え方によるでしょう。

 

 

 

日本語に対応している海外の取引所は多くありませんが、探すと100種類以上の仮想通貨を扱っている日本語対応の取引所も見つかります。それから先進国などにある取引所に規制が強まる傾向は、日本と同様のようです。

 

 

 

例えばある中国起源の取引所は、規制などに嫌気が差したのか知りませんが、規制の少ないマルタ共和国に本拠を移してしまいました。このような機動的な取引所は、魅力があるのではないでしょうか。

 

国内と海外の仮想通貨取引所にはどんな違いがあるのか比較

 

日本の仮想通貨の取引所の取引手数料は、海外と比べてあまり変わらないようです。しかし取引所で扱っている仮想通貨の種類が極端に少ないのは、困ったところでしょう。

 

 

 

日本の取引所の多くは、アルトコインを販売所で扱っています。そして日本の販売所は、取引所に比べて取引コストが数パーセントから10パーセント以上というように高いのです。

 

 

 

一方で海外の取引所は0.1パーセントあるいは、それ以下の安い取引手数料のところで100種類もの仮想通貨を取引できるところもあります。もし変わった仮想通貨の取引を低コストでしたいのでしたら、海外の取引所が有利でしょう。

 

 

 

代表的な仮想通貨の取引をするのでしたら、日本の取引所でも海外並みの低コストで取引が可能でしょう。一方でアルトコイン、その中でも草コインなどと呼ばれる仮想通貨の取引をしたいのでしたら、日本の取引所は向きません。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!