仮想通貨取引所を利用する上で知っておきたいリスクについて

スポンサーリンク

仮想通貨取引所を利用する上で知っておきたいリスクについて

仮想通貨取引所を利用する上で知っておきたいリスクについて

 

仮想通貨取引所を利用する時のリスクは、各取引所の公式ページ内に事細かく書かれています。それによりますと、おおよそ10種類くらいのリスクがあるようです。

 

 

 

1番のリスクは取引所の破綻でしょう。顧客資産が分別管理されていればまだマシですが、そうでない場合は顧客資産の一部または全部が消失することも考えられます。

 

 

 

またハッキング等で顧客資産を含む取引所の資産が盗難にあうこともありますし、実際に何回もありました。こうした時も顧客資産は、少なくとも全額返却されるのは稀なのだそうです。

 

 

 

その他には天変地異等で取引所が運営できなくなるリスクや、当局の規制強化あるいは税制の変更等のリスクもあるでしょう。

 

 

 

取引所の取引システムは万全というわけではありません。つまりサーバーが落ちて、取引できない時間があったりするのは珍しくないようです。

 

 

 

またメンテナンスによって取引できないこともありますが、このあたりは免責条項に入っていることが多いようです。

 

 

 

そして、こうした取引できない時に仮想通貨の価格が激変するようですと、損失リスクが考えられます。顧客のアカウントIDやパスワードの管理が悪く、アカウントを乗っ取られるリスクもありますが、これは自分で気をつけるしかないでしょう。

 

仮想通貨取引所を利用する上で知っておきたいリスクについて

 

仮想通貨自体の孕むリスクは、価格変動及び流動性に関するものでしょう。値上がり率だけで仮想通貨をみれば、長期的にはプラスです。

 

 

 

しかし調整が入りますと一気に下がるのも仮想通貨で、直近のビットコインの暴落は短期間で50パーセントから60パーセントの下げを記録しています。

 

 

 

例えば50パーセント下げますと、2倍にならないと元の価格に戻らないということで、短期的には難しいかもしれません。また仮想通貨の特徴としてブロックチェーンの分岐があります。

 

 

 

この分岐すなわちフォークがある時には、仮想通貨の価格の変動が激しいことが多く、そこで損失を被ることも考えられます。流動性が高いとは、取引したい時にいつでも売買できるということです。

 

 

 

仮想通貨によっては流動性が低くて、売りたくても売れなかったり買いたくても買えないリスクもあるでしょう。

 

 

 

また普段は流動性の高い仮想通貨でも、価格変動が大きい時には一瞬で価格が跳んでしまって、成行注文ですと思わぬ価格で買わされたり売られたりすることも珍しくないようです。

 

 

 

仮想通貨取引所を利用する上でのリスクは、上記のように取引所の運営に関わるもの、顧客の不注意によるアカウント乗っ取り、仮想通貨自身のもつ価格変動及び流動性に関するものがあります。

 

 

 

もうひとつは当局の規制強化及び税制に関するリスクで、日本在住ですと大変かもしれません。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!