仮想通貨取引所での身分証明の方法・免許証は必須なの?

スポンサーリンク

仮想通貨取引所での身分証明の方法・免許証は必須なの?

仮想通貨取引所での身分証明の方法・免許証は必須なの?

 

仮想通貨取引所に口座開設する時には、マネーロンダリング防止や課税などの関係から本人確認があります。確認書類は取引所によって異なりますが、いくつか見てみましょう。

 

 

 

ビットフライヤーは日本で最大の仮想通貨取引所です。ここの本人確認書類は、顔写真なしの保険証や年金手帳でも可能だと公式サイトに記載されています。

 

 

 

他には住民票の写しや印鑑登録証明書も利用できるようです。このビットフライヤーと同じような本人確認書類で済む取引所には、GMOコインがあります。ザイフも顔写真なしの証明書で本人確認できますが、上記の取引所より少し面倒です。

 

 

 

ここは保険証や住民票などの公的書類が2種類か、あるいは公的書類1種類と公共料金の請求書などが1種類必要になります。

 

 

 

ザイフのように2種類の顔無し書類が必要なところは、DMMビットコインコインエクスチェンジがありますね。いずれにしろ免許証のような顔写真付きの書類は使っても構いませんが、使わなくても済みます。

 

 

 

上記以外の取引所は、多くのところでは顔写真付きの証明書が必要なようです。また上記取引所でも郵送による住所確認を行っているところが多く、これは転送不要の郵便がきますので受け取らないと口座開設が完了しません。

 

仮想通貨取引所での身分証明の方法・免許証は必須なの?

 

海外の取引所も本人確認は厳しくなってきているようで、特に先進国はきついようです。これは先進国の金融当局者が会合を開いて、足並みをそろえて仮想通貨取引所の規制を行っているからだと考えられます。

 

 

 

一方でオフショアと呼ばれる地域にある取引所は、あまり規制もないようですから、中には本人確認不要のところがあるようです。その他では分散型取引所のような、新しいタイプの取引所も本人確認が緩いかもしれません。

 

 

 

さて、IDセルフィーという本人確認の方法があります。これは多額の仮想通貨を取引所から別のウォレットへ移すときなどに要求されることがあるそうです。あるいは海外の取引所では、口座開設にIDセルフィーが必須のところもあると言われています。

 

 

 

IDセルフィーとは、免許証のような写真入り証明書をかかげて本人を撮った写真あるいは画像のことです。一緒にかかげるものは写真入り証明書ばかりでなく、日付入りのサインなどを要求されることもあります。

 

 

 

本人確認には保険証のような顔写真なしの書類から、顔写真付きの免許証やパスポート、さらにはIDセルフィーと様々なものが使われます。今後は変更もありえますので、口座開設する前に取引所の公式サイトで確認するようにして下さい。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!