仮想通貨取引所にそっくりなフィッシングサイトに要注意

スポンサーリンク

仮想通貨取引所にそっくりなフィッシングサイトに要注意

仮想通貨取引所にそっくりなフィッシングサイトに要注意

 

フィッシングは釣りの意味がありますが、取引所のフィッシングサイトは本物のサイトと区別がつかないデザインをしていて、気がつかない取引所利用者を釣ります。そしてガードの甘い人だと取引所にある資産がなくなるかもしれません。

 

 

 

取引所のフィッシングサイトの手口は、概ね以下の通りです。まず、狙った取引所と全く区別がつかないデザインのフィッシングサイトを作ります。

 

 

 

普通はブラウザのURL表示を見れば、公式サイトと異なることはすぐにわかるのですが、現在わかっている取引所のフィッシングサイトは巧妙です。

 

 

 

例えば、取引所のURLがhttps://abcd.comとしますと、フィッシングサイトのそれはhttps://abcd.comですが、abcdのどこかにちょっとした細工をしています。

 

 

 

よくあるのがアルファベットの下に目立たない「.」がついていて、気をつけてURLを見ないと違いがわからないようにしています。

 

 

 

フィッシングサイトへ誘導するには、検索サイトが使われるのが多いです。特に検索結果のページの上部にある広告の中に紛れていることが、ほとんどだと言われています。

 

仮想通貨取引所にそっくりなフィッシングサイトに要注意

 

他に、メールで誘導することもあるでしょう。気づかずにフィッシングサイトでログインすると、アカウント名からパスワード、また二段階認証している時にはその情報も相手側に知られてしまいます。

 

 

 

相手側は自動で対応することが多いですから、騙された人の公式サイトに素早くアクセスして資産を盗むそうです。

 

 

 

フィッシングに対処するには、正確なURLをブックマークし取引所にアクセスすることです。面倒だというので検索サイトを利用して、そこからアクセスするのは危険でしょう。
(当サイトの取引所名は全てそれぞれの公式サイトにリンクされています。こちらをご利用頂ければ安心です)

 

 

また不審なメール内のリンクは踏まないこと、あるいは不審なメールは開かないことです。それから取引所のウォレットに仮想通貨を入れておかないようにするのも、フィッシングの対策になります。

 

 

 

取引所に仮想通貨がなければ盗めないですし、法定通貨は基本的に登録してある銀行宛にしか出金できないので仮想通貨より安全です。

 

 

 

もしフィッシングサイトにアクセスしてしまって途中で気がついた時には、素早く本物の取引所でパスワードを変えること、その後資産状況を確認してみましょう。

 

 

 

取引所でもフィッシング対策のために、仮想通貨の引き出しにはその都度2段階認証を強制するなどしています。それでもフィッシングやハッキングの技術は日々向上しているようですから、気を緩めないことでしょう。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!