話題の仮想通貨デビットカードが使用できる取引所について

スポンサーリンク

話題の仮想通貨デビットカードが使用できる取引所について

話題の仮想通貨デビットカードが使用できる取引所について

 

デビットカードは、買い物などの決済に使われるカードです。クレジットカードと違って、決済と同時に銀行口座あるいはカードにチャージされているお金から引き落とされます。

 

 

 

仮想通貨のデビットカードは、プリペイド型とウォレット型があります。プリペイド型は、仮想通貨をカードにチャージした段階で法定通貨に換金されます。

 

 

 

ウォレット型はカードで決済をするごとに、指定のウォレットから仮想通貨がカードに送金され換金されます。なお、現在ある日本の仮想通貨デビットカードはプリペイド型のみです。

 

 

 

具体的には、コインチェックから仮想通貨をチャージするバンドルカードとザイフからチャージされるマネパカード、そしてバンドルカードのビットフライヤー版のビットフライヤーVISAプリペイドカードがあります。

 

 

 

なお国際ブランドはバンドルカードと、そのビットフライヤー版がVISA、マネパカードがMASTERCARDです。

 

 

 

バンドルカードは、インターネット内だけで使えるバーチャルカード、実店舗でも使えるリアルカードとリアルカード+があります。リアルカードは発行時に300円、リアルカード+は600円かかります。

 

 

 

1回あたりのチャージは、バーチャルカードとリアルカードは3万円まで、1ヶ月のチャージは12万円までとなっています。

 

話題の仮想通貨デビットカードが使用できる取引所について

 

リアルカード+は1回のチャージが10万円まで、1ヶ月のチャージは100万円までです。それからチャージできる仮想通貨は、ビットコインになります。

 

 

 

マネパカードは、取引所のザイフからビットコインでチャージする仮想通貨デビットカードです。チャージした時に換金される法定通貨は、日本円の他に米ドルやユーロ、それから英ポンドや豪ドルさらに香港ドルと6通貨に対応しています。

 

 

 

ただし外国の法定通貨は両替手数料やATM手数料がかかりますし、カードの発行手数料は税別で1000円です。1回あたりのチャージは100万円まで、そして1ヶ月のチャージは200万円までですが、チャージ残高の上限はありません。

 

 

 

この仮想通貨デビットカードは日本で使うのにも便利ですし、海外でも比較的安い手数料で使えるので人気です。

 

 

 

仮想通貨デビットカードは便利なのですが、チャージした瞬間に法定通貨に換金され、その時点で仮想通貨の値上がり益があれば日本では課税の対象になります。

 

 

 

このように日本の税制が仮想通貨利用者にとって不利ですから、使う時にはよく考えた方が良いでしょう。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!