確定申告が来たら仮想通貨取引所の取引履歴をダウンロードしよう

スポンサーリンク

確定申告が来たら仮想通貨取引所の取引履歴をダウンロードしよう

確定申告が来たら仮想通貨取引所の取引履歴をダウンロードしよう

 

仮想通貨で得た利益は、雑所得になり確定申告して納税します。ただし当局の仮想通貨で得た利益の解釈は広いので、確定申告における事務は膨大になる人もいるようです。

 

 

 

年間20万円を超える雑所得がある人は、確定申告する義務があります。ただし扶養されている人の場合にはまた別のようですね。仮想通貨の利益は、仮想通貨を売却して法定通貨に交換した時ばかりではありません。

 

 

 

仮想通貨同士の交換でも、利益が出ていれば課税対象になるそうです。加えて商品などの支払いを仮想通貨で行って、その時点で仮想通貨が利益を得ていると課税されます。

 

 

 

たとえばビットコインで支払える店舗が増えていますが、ビットコインで支払ってその時ビットコインを買った時より値上りしていたら利益とみなされるのですね。

 

 

 

仮想通貨の取引が少なければ、あまり計算に悩まされることはないでしょう。しかしデイトレードのように、年間の取引が何百何千となりますと計算量が膨大になります。

 

 

 

これが仮想通貨と法定通貨の取引だけでしたらまだ良いのですが、仮想通貨と仮想通貨の取引も入ってきますと混乱します。そして買い物の支払いに仮想通貨を使っていたりしますと、混乱は極致に達するでしょう。

 

 

 

これは取引所から取引履歴をダウンロードしただけでは、計算できるわけでもなく、あらかじめ会計ソフトなどを使って整理しておくのが適切かもしれません。

 

確定申告が来たら仮想通貨取引所の取引履歴をダウンロードしよう

 

ところで、仮想通貨を買ってそのまま保持している人で含み益のある場合は申告する必要がないことは覚えておきましょう。

 

 

 

仮想通貨の利益がわかったとして、かかる税金は雑所得の税率によりますと最低でも5パーセントの所得税がかかります。それに雑所得は総合課税ですから、株やFXのように分離できないのです。

 

 

 

故に他に所得がある場合には、最高税率45パーセントの所得税がかかることもあります。これに住民税と社会保険などの税金のようなものが加わりますので、所得の半分以上なくなる人もいるようです。

 

 

 

しかし確定申告をしなければ、金額にもよりますしすぐにではありませんが、無申告加算税や延滞税がかかってくることも覚悟する必要があるのでしょう。

 

 

 

仮想通貨の確定申告は、適用範囲が広く煩雑なので実に評判が悪いのです。

 

 

 

いずれは改正されて簡略化されるかもしれませんが、今のところは面倒でも取引所の取引履歴をみて計算するしかないのでしょう。しかし、複数の取引所を利用している人にとっては頭が痛いですね。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!