仮想通貨の取引所が発行しているトークンの特長とは

スポンサーリンク

仮想通貨の取引所が発行しているトークンの特長とは

仮想通貨の取引所が発行しているトークンの特長とは

 

取引所の中には独自にトークンという仮想通貨の1種を発行している所があります。そして、いくつかのトークンは取引所で売買できます。

 

 

 

日本の取引所でトークンの売買ができるところは、ザイフZaifとコインエクスチェンジQUOINEXです。ザイフは10種類程度のトークンの取引ができます。そして、これらは日本円あるいはビットコインとペアが組まれています。

 

 

 

主だったトークンは、ZAIFやCMS、あるいはQASHやJPYZがあります。それからコインエクスチェンジが扱っているトークンはQASHのみのようですが、将来は追加されるのではとの噂も聞かれます。

 

 

 

ZAIFはザイフが発行しているトークンですが、使い道は特に無いようです。しかし、ザイフで取引されていて価格がついています。CMSの説明は少し長くなり、それはICOという仮想通貨での資金調達に絡んでいるからです。

 

 

 

ICOを行うには、色々とクリアしなければならない点がありますが、コムサというプロジェクトがあって、これがICOの手助けをするためのものです。そして、コムサ内で使われるトークンがCMSという訳です。

 

 

 

QASHコインエクスチェンジが発行しているトークンです。コインエクスチェンジでは、リキッドという仮想通貨取引プラットフォームを開発していて、トークンのQASHはそこで使われます。

 

 

 

JPYZは法定通貨の日本円と価格が連動するように設計されているトークンで、日本円の代わりとしての役割があります。

 

仮想通貨の取引所が発行しているトークンの特長とは

 

仮想通貨取引所が発行しているトークンは、国外が圧倒的に多いです。そして、そのトークンは自社取引所での仮想通貨取引の手数料支払いに使われるのがほとんどのようです。

 

 

 

トークンで支払うと手数料が割り引かれたり、あるいはトークンの持ち主には定期的に何かしらの分配がある取引所もあります。その他には、定期的にトークンの買い戻しをしているところもありますね。

 

 

 

ただ、上記のZAIFのような使い道のないものも見られます。取引所の発行しているトークンは、海外では活発に取引されていて、取引所の業績により価格が変動するようです。

 

 

 

ただしトークンの取引は、発行した取引所だけで行われることが多いので、複数の取引所への登録が必要になります。

 

 

 

ザイフのように、複数のトークンを扱っているところは珍しいようです。ただ日本の取引所の発行するトークンは、ZAIFとQASHだけのようですからザイフだけで間に合うでしょう。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!