仮想通貨の取引所で通貨を購入するなら外貨建てが良いの?

スポンサーリンク

仮想通貨の取引所で通貨を購入するなら外貨建てが良いの?

仮想通貨の取引所で通貨を購入するなら外貨建てが良いの?

 

日本の仮想通貨取引所で、はじめて仮想通貨を手に入れたいのでしたら、日本円で購入するあるいは日本円と交換するのが普通です。

 

 

 

また海外の取引所でしたら外貨建てになるのでしょうが、日本から海外への法定通貨の送金は面倒ですから普通はやりません。

 

 

 

仮想通貨の取引は、売買というより通貨ペアの交換の意味合いが大きいのです。これは外国為替取引と全く同じで、売り買いという言葉の方が馴染もあるので使われているのでしょう。

 

 

 

例えばビットコイン/USDのペアでしたら、USDすなわち米ドルを基準としてビットコインの価格が決まるわけです。そして、売りならその時のレートで手持ちのビットコインを売り代わりにUSDを受け取るわけです。

 

 

 

ところで、日本の取引所でも外貨とのペアを扱っているところがありますが、もし上記のような取引でUSDを手に入れても、その使い道は限られています。大体はその取引所でUSDを使って他の仮想通貨を買うくらいでしょう。

 

 

 

海外の取引所は、法定通貨としてUSDを扱っているところが多いようです。しかし日本に住んでいて海外の取引所を利用する時に、日本からUSDを送金するのは賢いとは言えません。

 

仮想通貨の取引所で通貨を購入するなら外貨建てが良いの?

 

なぜなら送金コストが高いこと、送金そのものが面倒と言ったことがあるからです。日本の銀行は、為替スプレッドがUSDでも1ドルあたり2円くらいありますし、別に手数料も取ります。

 

 

 

逆に海外から日本の銀行に送金する時も同様で、為替スプレッドに加えて手数料まで取りますね。そんな訳ですから、日本の銀行を通して海外との法定通貨のやり取りはおすすめしません。

 

 

 

仮想通貨はビットコインから始まったのですが、取引所ではビットコインあるいはイーサリアムも法定通貨の代わりになるところが多いです。

 

 

 

つまりビットコインやイーサリアムで、別の仮想通貨を買えたり売った時にビットコインなどで受け取ることができます。

 

 

 

それならば海外の取引所を利用する時には、ビットコインあるいはイーサリアムを送金する方がコストも余りかからず、時間的にも銀行よりスピーディーです。

 

 

 

ビットコインやイーサリアムは日本の取引所で簡単に手に入りますので、それを海外の取引所に送る方法がおすすめです。

 

 

 

どうしても海外の取引所で外貨を扱いたいのでしたら、海外の銀行口座を持っていると便利です。ただし日本に住んでいて新規に海外の銀行口座を開くのは、以前は結構簡単だったのですが現在は少し面倒かもしれません。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!