仮想通貨の上場とは?取引所で取り扱いが始まる意味とは

スポンサーリンク

仮想通貨の上場とは?取引所で取り扱いが始まる意味とは

仮想通貨の上場とは?取引所で取り扱いが始まる意味とは

 

仮想通貨取引所は仮想通貨の売買ができるところですが、全ての仮想通貨の取引ができるわけではありません。各取引所は取引できる仮想通貨を独自に定めていて、この取引所によって選ばれた仮想通貨が上場仮想通貨というものです。

 

 

 

仮想通貨のやり取りはウォレットを通じて行いますので、本来なら仮想通貨取引所は必要ないのです。ところが不特定多数の人々が出会って、仮想通貨のやり取りをする場所は事実上なかったので取引所が生まれました。

 

 

 

ビットコインが世界初の仮想通貨でしたので、初期の取引所ではビットコインの取引が行われているだけだったのです。つまり初期の取引所では、ビットコインしか上場されていなかったと言えるでしょう。

 

 

 

しかし新しい仮想通貨を作るのは容易ですから、次々と仮想通貨が生まれてきて、イーサリアムのように注目される仮想通貨もあらわれてきました。そこで、イーサリアムなどの新しい仮想通貨の取引を扱う取引所もあらわれてきたのです。

 

 

 

取引所に上場するには、取引所ごとの基準を満たしていなければなりません。また上場するには取引所に、ある程度まとまった金額の手数料を支払うのが普通ですから、財力も必要になると言われています。

 

 

 

よくあることですが大きな取引所より小さい取引所の方が、上場するにしても基準も緩いでしょうし手数料も安いようです。そこで、最初に上場を目指す仮想通貨は、海外の小規模な取引所を利用するようです。

 

仮想通貨の上場とは?取引所で取り扱いが始まる意味とは

 

日本の場合には、取引所が上場できる仮想通貨が当局によって規制されているようですから、名もない仮想通貨の上場はほとんど無理だと言われています。

 

 

 

ICOのような仮想通貨による資金集めでは、価値のある仮想通貨で資金を集め、その対価として独自のトークンと言う1種の仮想通貨を投資家に発行します。

 

 

 

投資家は受け取ったトークンが、将来取引所に上場されて、かつ値上がりするのを期待してICOに参加するのが多いのです。実際にイーサリアムという仮想通貨は、ICOによって資金集めをして作られたのですが、その時のトークンがイーサリアムでした。

 

 

 

そして取引所に上場されてみると、ICO時のトークンの価格より大幅に値上がりして取引されたそうです。もしトークンが取引所に上場できなければ、その売却は実際上無理ですから投資の回収は難しくなるでしょう。

 

 

 

よって仮想通貨やトークンの取引所への上場は、投資家ばかりでなく信用という面でICOを実施した側にも重要なのです。

 

 

 

日本の取引所は、規制強化により縮小傾向にあります。よって名もない仮想通貨の新規上場は無理でしょう。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!