13・取扱通貨は仮想通貨取引所ごとに違いがあるの?おすすめ通貨は?

スポンサーリンク

取扱通貨は仮想通貨取引所ごとに違いがあるの?おすすめ通貨は?

取扱通貨は仮想通貨取引所ごとに違いがあるの?おすすめ通貨は?

 

日本の取引所は金融当局の規制が厳しくて、取り扱っている仮想通貨の種類は7種類程度が最高です。確かに十種類以上取り扱っている取引所もありますが、金融当局の登録がまだの所謂みなし業者になります。

 

 

 

何千種類もある仮想通貨ですが、時価総額あるいは取引量でみますとビットコインが1番で次がイーサリアムとなっています。

 

 

 

その他で日本の取引所が扱っているものは取引所によって違いますが、リップルやビットコインキャッシュ、あるいはライトコインやリスク、イーサリアムクラシックやネム、そしてモナあたりです。

 

 

 

例えばビットバンクと言う狭い意味での取引所だけを、運営しているところがあります。ここは今のところ取引手数料が無料なのと、取り扱っている仮想通貨が多いのが特徴になります。

 

 

 

取り扱い仮想通貨は、組み合わせペアを別にしますと、ビットコインとイーサリアム、そしてリップルにライトコイン、更にモナとビットコインキャッシュの6種類です。

 

 

 

ビットコインは取引量が多いのでオススメの仮想通貨の1つです。この仮想通貨の取引をするのでしたら、上記のビットバンクも良いのですがザイフが有利かもしれません。

 

 

 

その理由は手数料がマイナスで、取引ごとに少し得をするからです。ビットコインの他にも、イーサリアムやモナが安い手数料で買えます。また、ネムはここで安く買えるようです。

 

取扱通貨は仮想通貨取引所ごとに違いがあるの?おすすめ通貨は?

 

もう1つ、ビットフライヤーもオススメです。ここはビットコインの取扱量が多く、セキュリティにも定評のある安心できる取引所です。

 

 

 

そしてイーサリアムクラシックは、ここでしか買えませんし、ライトコインが日本円で買えます。ただし取引手数料は上記の2つの取引所より少し高いかもしれません。

 

 

 

日本の取引所で取り扱っていない仮想通貨を取引したいのでしたら、海外になりますがバイナンスがおすすめでしょう。取り扱い通貨の種類が多く、取引手数料もリーズナブルです。

 

 

 

ここは日本にも進出しようとしたのでしたが、金融当局の嫌がらせのような指導により断念して、今では規制のあまりない国に本拠を置いて活動しています。

 

 

 

バイナンスを利用するのでしたら日本の取引所でビットコインを買って、バイナンスの自分の口座へ送るのがベストでしょう。

 

 

 

ビットコインやイーサリアムの取引をするのでしたら、日本の取引所で問題ないですが取引手数料には注意しましょう。変わった仮想通貨の取引となりますと、海外の取引所しか選択肢はありません。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!