多くの仮想通貨取引所で導入されている二段階認証とは

スポンサーリンク

多くの仮想通貨取引所で導入されている二段階認証とは

多くの仮想通貨取引所で導入されている二段階認証とは

 

仮想通貨取引所の自分のアカウントにログインあるいは出金等の手続きをするには、IDとパスワードだけで済むのが一般的でした。これだけですとセキュリティが甘くなりますので、もう1段階の認証を付け加えて二段階認証にする取引所が増えています。

 

 

 

仮想通貨は単なるデジタルデータですから、取引所のアカウントを乗っ取られますと、簡単に盗まれてしまいます。一方で、日本円の出金は登録してある銀行への振込が普通ですから、仮想通貨の外部送付より安全のようです。

 

 

 

いずれにしてもアカウントのIDやパスワードの管理が甘かったり、パソコンやスマホのハッキングによってアカウントが乗っ取られる例は結構あります。

 

 

 

このようなアカウントの乗っ取りを防ぐために考えられたのが二段階認証で、要はパスワードが2つになるような仕組みで、少し面倒にして不正を防ごうという訳です。

 

 

 

設定は取引所によって多少は異なりますが、大体は次のようなやり方をします。ある取引所の二段階認証は、スマホの認証アプリあるいは携帯電話のSMSメッセージ、そしてメールの3種類の中から選べます。

 

 

 

これらの中で、メール利用の二段階認証はセキュリティが甘いそうですから、スマホアプリかSMSが推奨されています。それから二段階認証は、ログイン時や日本円出金時、仮想通貨の外部送付時など個別に設定できます。

 

 

 

特に仮想通貨の外部送付は、アカウントを乗っ取られた時に1番弱いところですから、二段階認証の設定をしていないと利用できないようです。実際の設定は取引所によりますが、設定あるいはセキュリティ関連のところで行うことが多いです。

 

多くの仮想通貨取引所で導入されている二段階認証とは

 

スマホアプリで二段階認証をする時には、そのスマホをなくすと二段階認証ができなくなる点に注意しましょう。これを回避するには、二段階認証の設定時にバックアップをしておくことです。

 

 

 

特に海外の取引所を利用している時には、スマホをなくすなどの顧客のミスは相手をしてくれないことがほとんどですから、バックアップは最後の命綱と言っても良いでしょう。

 

 

 

それから、比較的安全なスマホアプリの二段階認証とは言え完璧だとは思わないことです。それ故ログインパスワードを難しくするなど、なるべくハッキングなどの攻撃に耐える工夫をしたいものです。

 

 

 

この頃では、取引所の多くが二段階認証を必須にしているようです。また二段階認証をしていないと、仮想通貨などの盗難にあった時の補償がないこともあります。

 

仮想通貨の取引を始めるには、まず「取引所への登録が必要です!
特に代表的な3つの国内取引所を紹介します。
ビットフライヤー
ビットフライヤーの特長 国内ビットコイン取引量bP!FB連携で簡単にアカウントが開設出来ます! 大手企業も出資する、資本力国内第一位の取引所。国内初の仮想通貨損失被害補償で、 あなたのビットコインを最高レベルのセキュリティで保管!
ザイフ
ザイフの特長 簡単3ステップでビットコインの売買が出来ます!安定感抜群の国内取引所です。 ビットコインFX(信用取引)の利用も可能!コイン積立で希望額を毎月積立てすることができます! なんと言っても手数料の安さが最大の魅力です!   
GMOコイン
GMOコインの特長 ビットコインでFXするならGMOコインの高機能アプリで! 口座開設はとても簡単!人気の仮想通貨Ripple(XRP)を手数料ナシで購入可能安心の東証一部上場GMOグループが運営!      
これから仮想通貨の取引をはじめるためには、まずこの代表的な国内取引所3社に登録しておきましょう。
ちなみに、いざと言う時のリスク回避の為、仮想通貨の取引所は必ず複数開設しておきましょう!